虫歯

診療時間
09:30 ~ 13:30 / / /
15:00 ~ 18:00 / / /
  • ※休診日:水・日・祝

instagram
  • 電話でのご予約 043-307-6681
  • WEB予約
虫歯

「痛くない」
「削らない」
「神経をとらない」

あらゆる不安を取り除く
最善の虫歯治療を目指しています。

虫歯治療の不安を解消する3つの取り組み

現代の虫歯治療は「痛くない」のが当たり前です。
今後の虫歯治療で問われるのは「不安が少ない」こと。

そこで当院では、以下の3つの取り組みを行っております。

痛みを最小限にする治療

痛み

治療中の痛みがほとんどないのは、もはや当たり前の時代になっています。
しかしそれでも「麻酔は痛い」と訴える患者さんは決して少なくありません。
そこで当院では、麻酔注射時の痛みを抑えるために次のような工夫を行っております。

STEP1.注射の痛みを和らげる表面麻酔

表面麻酔

まずは最初に、塗り薬を歯肉に塗ることで注射の痛みを軽減する「表面麻酔」を行います。こちらは塗り薬ですので、もちろん痛みはゼロです。

STEP2.痛みを感じにくい極細の針による注射

針

「蚊」に刺されてもまったく痛みを感じないように、麻酔針が細ければ細いほど刺されたときの痛みは限りなく小さくなります。表面麻酔で痛みに鈍くなった歯肉に、極細の麻酔針を注射しますので、ほとんど痛みを感じることはありません。

STEP3.薬液が体内に入る不快感も軽減

電動麻酔

麻酔針だけでなく、薬液が体内に入ってくるときにも痛みを感じる場合があります。しかしご安心ください。ゆっくりと薬液を注入できる電動麻酔注射なら、最小限の痛みで麻酔を行うことが可能です。

STEP4.5倍速コントラで歯を削る振動を軽減

5倍速コントラ

5倍速コントラは歯を削る時に使用する機器です。通常の5倍速で回転します。これにより、一般のコントラよりも音が静かで、振動をかなり抑えることが可能です。「歯を削られる瞬間が一番苦手」という方も安心して治療に臨むことができます。

STEP5.熟練の経験とテクニックでさらに痛みを軽減

経験

豊富な経験と技術を持つ歯科医師は、歯肉のどの部位に麻酔針を刺せば痛みが少なくて済むのかを理解しています。それは虫歯治療を受ける患者さんにとって、実績のある歯科医院を選ぶメリットの一つです。

なるべく削らない治療(MI: Minimal Intervention)

ドクター

従来の虫歯治療では、虫歯になったら「削って埋める」あるいは「抜く」が当たり前でした。しかし一度失った歯は二度と元通りにはなりません。

「削る」「抜く」という治療は、結果的に歯の健康寿命を短くしてしまうことになるのです。

そこで国際歯科連盟(FDI)によって提唱されたのが「ミニマルインターベーション(MI: Minimal Intervention)」という、「虫歯になったとしてもできる限り削らず、悪いところだけを殺菌処理して歯を保存する」という考え方でした。

その最大の目的は、歯の健康寿命をできる限り延ばすこと。

現在では、当院のようにこのミニマルインターベーション(MI)に立脚した治療計画を立てる歯科医院が増えてきています。

MI1

歯の健康寿命を延ばすには、治療の他に「予防」という観点が不可欠です。

虫歯や歯周病など、患者さんの多くは何らかのトラブルが生じてから初めて来院されます。そして治療が完了すると、また何らかのトラブルが生じるまで歯科医院には足を運ばなくなってしまいます。

これでは、口内トラブルを未然に防ぐことができません。予防方法を知らずに過ごしていると、症状が悪化することはありますが、改善される見込みはとても小さいのです。つまり、どれだけ優れた治療を施したとしても、歯の健康寿命に貢献できないというわけです。

MI2

ここでミニマルインターベーション(MI)の考え方を取り込んで「予防」という概念を追加します。

予防とは「トラブルが起こらないように歯の健康を管理する」歯科を意味します。
定期的に歯のメンテナンスを行うことで、虫歯や歯周病のトラブルを防ぐだけでなく、病巣の初期発見や早期治療にもつなげることができます。

MI3

ミニマルインターベーション(MI)の考え方を取り入れた治療を行う当院では、できる限り削らない治療だけでなく、こうした予防対策も徹底しております。

歯の神経を守る治療

神経

「根幹治療」は菌に冒された歯の神経を抜くことで抜歯を回避する治療方法として知られています。

しかし歯の神経を抜くと脆くなりやすくなるため、たとえ歯を残せたとしても、いずれ壊死したり、結局抜歯をしたりする可能性があります。

患者さんの歯の健康寿命を守るためにも、当院はできる限り歯の神経を抜かないように全力で治療に臨んでいます。

しかし残念ながら、症状が進行しすぎてしまった虫歯の場合、どうしても神経を取り除かなければいけないケースもあります。その場合は、患者さんにしっかりと現状をお伝えしご納得いただいたうえで、最善の治療を行ってまいります。

ご要望に応じて保険適用内・適用外の被せ物をご提案いたします

  • セラミック1
  • セラミック2
  • セラミック3

虫歯を治療した後は、場合によっては被せ物を行わなくてはいけないこともあります。

その中でも、保険適用可能でお手頃価格なのが「銀歯」です。子供の頃に銀歯を被せた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

非常に加工が容易な銀歯は、昔から多くの治療で使われてきました。しかしコストが安い反面、どうしても見た目が悪くなってしまうというデメリットがあります。また耐久性に欠ける点も欠点の一つです。人によっては、金属アレルギーを誘発する可能性も……

リスクや耐久性をふまえて総合的に考えると、デメリットの面も決して看過できないのが銀歯の特徴だといえるでしょう。

一方、保険適用外(自費診療)の被せ物は、「見た目がいい」「アレルギーのリスクが少ない素材を使っている」「耐久性が高い」といったメリットがあります。保険適用外ですので、もちろん銀歯よりも費用が高くなってしまいますが、選択肢として検討する価値が十分にあるといえるでしょう。

当院では、口内の状況や予算に合わせて、患者さん一人ひとりにご納得いただける最適な方法をご提案いたします。

各素材の詳しい特徴については料金表をご確認ください。

コラム最短1日&低価格で
「銀歯を白く」することも可能です

ダイレクトボンディング

セラミックの歯は見た目も機能も優れていますが、価格が高いというデメリットがあります。
そこで当院では白いゲル素材を利用した「ダイレクトボンディング法」という、安価で歯を白くできる治療法を取り入れています。「見た目がいい」「歯を削る量を最小限に抑えられる」というメリットをお約束できます。

たった1~2回の通院で詰め物を終えることが可能です。学校や仕事で忙しい方にも非常におすすめです。

  • 治療前
  • 治療後

※ダイレクトボンディング法での治療。
時間の経過とともに変色するリスクがあります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

WEB予約

電話番号

043-307-6681

〒261-0026
千葉県千葉市美浜区幕張西4丁目2番12号
イオンタウン幕張西2階

このページの先頭に戻る